英検で自分のレベルを再確認

プレミアリーグで奇跡を起こしたレスター・シティーの監督の苦悩

プレミアリーグで奇跡を起こしたレスター・シティーの監督の苦悩

プレミアリーグ前半戦、レスターシティーのスタートは絶好調で勝利を収めてきました。優勝チームを争う他クラブ監督からは、レスターが勝利を収めることができるのは前半戦だけ、後半戦に入るとペースを落とし優勝争いから戦線離脱するだろうと告げられるほどレスターの快進撃には一時的なものだと世界中の誰もが思っていました。しかし後半戦に入ってもレスターの快進撃は止まらず最後にはプレミアリーグを初制覇。勢いのあるチームを率いたのがイタリア人監督であるクラウディオ・ラニエリ新監督の功績です。
イタリア人監督の特徴である徹底した守備意識の高さと戦術好き。チェルシー時代では、その戦術好きからサポーターやマスコミから揶揄され、いじくり回し屋と言われていました。それほどまでに戦術に特化した監督が取った方法はシンプルに選手の特徴を見極めた上で、あえて「いじらないこと」です。結果的に課題だった守備もシーズン中に丁寧に修正を繰り返し、セリエAでは伝統の「1?0」でも勝ちきれる勝負強いチームに変貌し、監督業初となるタイトルを手にしたのです。これは意外に驚きではないでしょうか?実は名将・クラウディオ・ラニエリ監督はリーグタイトルをレスターで優勝するまでは一度も手にしたことはなかったのです。
私の拙い説明よりもブックメーカー←コチラのサイトをご覧下さればわかりやすいと思います

ホーム RSS購読 サイトマップ